300トンの砂

昨年の秋の大型台風で被害を受けた施設前の浜。
波や風で砂浜が削られてしまいました。

しかし、青少年の育みの場であるということで地元自治体のご協力のもと、先週から浜に約300トンの新しい砂を入れ、元通りの姿に。

これで、今シーズンも多くの青少年がびわ湖を舞台に多くの活動ができそうです。
シーズンインが待ち遠しく感じる1日でした。


P22601163.jpg

スポンサーサイト
[ 2018/02/26 13:57 ] 未分類 | TB(-) | CM(-)